津軽百首(藁焼きをしている父を呼びに)

藁焼きの 風に倣いて 畔行けば 父の背見える 秋の夕暮れ

わらやきの かぜにならいて あぜゆけば ちちのせみえる あきのゆうぐれ

夕暮れ時、藁焼きの煙の先を辿りあぜ道を歩くと、煙の中に父の後ろ姿が見えてきます。

稲刈りが終わると、
津軽平野は藁焼きの季節。

秋晴れの日が続き、
風が強くない日が藁焼きの日となる。

風が強ければ、
火のついた藁が飛び危険。

一度でも雨が降ると、
数日は藁に火がつかないので延期。

こうして選んだ秋の一日。

スポンサーリンク

あちこちで焼かれる藁の煙で、
辺りは一面靄に包まれたようにぼんやり。

そんな中、
父を呼びに行くときは、
風上に向かってあぜ道を歩く。

藁焼きは、
風下から風上に向けて行われるので、
風の向きを知れば見つけやすい。

薄靄の先に、
藁の火が消えないよう、
空気を入れる父の背中が見える。

 

うたのわに参加しています。


スポンサーリンク

あなたに寄り添う心の短歌は、日常のふとした瞬間を短歌でつづっています。

人の心、季節の移り変わり、花の色、風の音。それは気にしなければ気にならずに済むくらいの小さな出来事。

その小さな出来事を忘れないように、思い出せるように、短歌を作ります。あなたの心の琴線に触れる歌があれば幸いです。

ブログランキングに参加してます。よろしければクリックお願いいたします。

にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
スポンサーリンク