津軽百首(津軽の冬に)

しゅんしゅんと 薬缶息まく 奥津軽 しんしん積もる 雪は重なり

しゅんしゅんと やかんいきまく おくつがる しんしんつもる ゆきはかさなり

厳しく雪深い奥津軽の冬。降り続ける雪は全ての音を吸い込んで、ただストーブの上の薬缶の蒸気音だけが響いている。

奥津軽の冬は厳しい。

晴れの日は数えるほどしかなく、
重苦しい鉛色の空に、
しんしんと、
そして暴風とともに吹き荒れる雪。

冬になると閉鎖的になり、
道行く人も言葉少なく、
みな家路を急ぐ。

そんな厳しい外とは対照的に、
家の中は暖かい。

石油ストーブの上には、
しゅんしゅんと蒸気を上げる薬缶。

スポンサーリンク

その蒸気が湿った暖かさになり、
冷え切った体をじんわり温めてくれる。

しんしんと降り積もる雪は、
そのすべての音を吸い込んで静寂をもたらす。

青白い世界の中で、
ただしゅんしゅんと薬缶の音だけが響く。

厳しくも温かい、
奥津軽の冬。

うたのわに参加しています。


スポンサーリンク

あなたに寄り添う心の短歌は、日常のふとした瞬間を短歌でつづっています。

人の心、季節の移り変わり、花の色、風の音。それは気にしなければ気にならずに済むくらいの小さな出来事。

その小さな出来事を忘れないように、思い出せるように、短歌を作ります。あなたの心の琴線に触れる歌があれば幸いです。

ブログランキングに参加してます。よろしければクリックお願いいたします。

にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
スポンサーリンク