夜桜と恋

春宵に 光惑いし ざわめきに 桜酔いしれ 君に酔いしれ

はるよいに ひかりまどいし ざわめきに さくらよいしれ きみによいしれ

春の夜、祭りの灯りと人々のざわめきで桜が酔っているようだ。
そんな桜のように、私は君に恋い焦がれている。

スポンサーリンク

春の宵闇に、うっすらと浮かび上がる夜桜。
幻想的な灯りで照らされている桜は、人々の喧騒にも酔っているようにも見える。

愛すべき君を見つめる私の心は、まさにこの桜のように色付いているのだ。


スポンサーリンク

あなたに寄り添う心の短歌は、日常のふとした瞬間を短歌でつづっています。

人の心、季節の移り変わり、花の色、風の音。それは気にしなければ気にならずに済むくらいの小さな出来事。

その小さな出来事を忘れないように、思い出せるように、短歌を作ります。あなたの心の琴線に触れる歌があれば幸いです。

ブログランキングに参加してます。よろしければクリックお願いいたします。

にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
スポンサーリンク