桜と恋の短歌

幾たびも 君が呼びし名 こころ燃ゆ 見ずとも香る 桜の如し

いくたびも きみがよびしな こころもゆ みずともかおる さくらのごとし

あなたの口から、あなたの声で、私の名を呼ばれるたびに、心が燃えるように熱くなり、見えなくても感じる桜の花の香りのように心が色づきます。

時は春。
凍えるような寒さがいつのまにかやわらぎ、若葉を照らす光が少しずつ強さを増し、吹き抜ける風が心地よく感じられるようになった頃、薄桃色の花が開き始めます。

花の名は、桜。

古今和歌集の頃から春と言えば桜と言われるようになり、日本の春の象徴ともいえる誰もが知っている春の花。

一斉に咲き、そして、潔く散る。

満開の桜の中でも、その香りは決して強すぎることはなく、あくまでも控えめにそっと寄り添う。
それはまるで、恋をしている胸の内そのもの。

スポンサーリンク

胸の中では愛する人への愛情でいっぱいなのに、表に出すことは怖いのです。

もし、嫌われたら、もし、愛想をつかせたら、もし、そっけなくされてしまったら。
愛するからこそ、他の人にされてもなんとも思わないのに、きっと立ち直れないほど傷ついてしまいそうで怖いのです。

でも、愛する人に名を呼ばれるたびに、その声が、耳にから胸に落ちるとき、自然と心が熱を持ち始めてしまう。

そう、まるで満開の桜のように、一斉に心が色づいていくのです。
きっと、隠している私の心の内も、桜の香りが隠せないように、あなたにもわかってしまうのでしょう。

どうかどうか、この胸の高鳴りが気づかれませんように。
私にはまだ、あなたに思いを告げるほどの覚悟が決まっていないのです。

うたのわに参加しています。


スポンサーリンク

あなたに寄り添う心の短歌は、日常のふとした瞬間を短歌でつづっています。

人の心、季節の移り変わり、花の色、風の音。それは気にしなければ気にならずに済むくらいの小さな出来事。

その小さな出来事を忘れないように、思い出せるように、短歌を作ります。あなたの心の琴線に触れる歌があれば幸いです。

ブログランキングに参加してます。よろしければクリックお願いいたします。

にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA