待つを忘れる人

我先と 刻みし時を 競い合う 待つを忘るは 人の業なり

われさきと きざみしときを きそいあう まつをわするは ひとのごうなり

少しでも時間を節約したいとイライラしながら行動するのは、便利な世の中になって、待つことを忘れてしまったからなのだろう。

思えば、昔は文を送る事すら数日かかっていた。
声が聞きたいと思っていても、電話という手段すらなかった。

そして、電話ができ、家庭に普及し、家にいれば声が聞けるようになった。
でも、出かけているときは連絡手段がなかった。

スポンサーリンク

そして、携帯電話ができ、個人が持つようになり、携帯電話を持っていれば、声も聞けるし文も届くようになった。
でも、その文をよんだかどうか確かめることはできなかった。

そして、アプリが登場し、相手が読んだかどうか(既読)がわかるようになった。
でも、読んだのに連絡がこないことでイライラするようになった。

待つを忘れてしまったのは、人の業に他ならない。
合理化と便利さを追求した結果がこの状態ならば、人は一体、どこへ向かっているのだろうか。


スポンサーリンク

あなたに寄り添う心の短歌は、日常のふとした瞬間を短歌でつづっています。

人の心、季節の移り変わり、花の色、風の音。それは気にしなければ気にならずに済むくらいの小さな出来事。

その小さな出来事を忘れないように、思い出せるように、短歌を作ります。あなたの心の琴線に触れる歌があれば幸いです。

ブログランキングに参加してます。よろしければクリックお願いいたします。

にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
スポンサーリンク