春への道

少しずつ 長くなる日に 白い息 春は遠くも 道筋見えて

すこしずつ ながくなるひに しろいいき はるはとおくも みちすじみえて

少しずつ日が長くなってきたと感じる今日この頃。吐く息はまだ白く、春はまだまだ先だと思いつつも、確実に近づいている。

昨日も寒かったのですが、
今朝は青空だった分、さらに寒く感じる。

澄み切った空はどこまでも青く、
見上げた木々はまだ木の芽もまばら。

そんな中でも、
毎日少しずつ日は長くなっていて。

吐く息はまだ白く、
冷たい風はまだ冬そのもの。
むしろ、これからが一年で最も寒い時期。

それでも、
長くなる日に春を見た気がして、
心がほんのりとあたたかくなる。

厳しい冬だからこそ、
春の喜びを感じられる。

まだ遠いけれど、
必ず来る春に、心を馳せた一日でした。


スポンサーリンク

あなたに寄り添う心の短歌は、日常のふとした瞬間を短歌でつづっています。

人の心、季節の移り変わり、花の色、風の音。それは気にしなければ気にならずに済むくらいの小さな出来事。

その小さな出来事を忘れないように、思い出せるように、短歌を作ります。あなたの心の琴線に触れる歌があれば幸いです。

ブログランキングに参加してます。よろしければクリックお願いいたします。

にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
スポンサーリンク