安田 蝸牛さんから下の句をいただいて

天よ地よ 秋の恵みを まもりたまえ 五穀の神の その名拝みて

てんよちよ あきのめぐみを まもりたまえ ごこくのかみの そのなおがみて

驚異的な自然の力の前では、何も打つ手はないのですが、せめて秋の恵みをお守りくださるよう五穀の神に祈るばかりです。
(安田 蝸牛さんから下の句をいただきました)

自然の力は優しくも厳しい。

農家の娘として育った私には、
文字通りその言葉が刻み込まれている。

毎年、この時期に訪れる台風は、
時に非常にも全てを荒らし過ぎ去っていく。

荒れ狂う雨風を前に、
なす術もなくただ通り過ぎることを祈る夜。

幼き頃から何度乗り越えただろう。
何度、大人たちのため息を聞いただろう。

荒らしが過ぎ去った後の畑は、
見るも無残にすべての農作物が全滅になることもある。

スポンサーリンク

台風が過ぎ去った後の暑い青空の下、
あきらめにも似た笑いとともに、
こうして生きているのだから良かったと言い聞かせて。

それでも、
それでも、また次の年には種をまき育てる。

自然の恵みの恩恵を受けるということは、
自然を受け入れ生活するということ。

実りの季節に訪れる台風が、
仮にすべてを奪い去ったとしても、
我々は種を植える。

秋の恵みをもたらすのは、
まぎれもなく自然なのだから。

うたのわに参加しています。