托鉢する僧に

枯ら声と 鈴の音重ぬ 尾花野に 坊の涙も なくぞなからむ

からごえと れいのねかさぬ をばなのに ばうのなみだも なくぞなからむ

しわがれた声に鈴の音を重ねすすきが揺れる野を歩く托鉢の僧よ、涙は流さないだろうか、いや流したはずだ。
※かれをばな(枯れ尾花)の折句です。

しわがれた声と対照的に、
空気を清めるような鈴の音。

冷たい風が吹くすすき野を、
ただ一人歩く托鉢僧よ。

修行とはいえ、
物悲しくはないのだろうか。

涙は流さないのだろうか。
いや、流さないはずはない。

それでも、
人々の功徳を積むために。

僧は一人、ただ歩いていく。

 

スポンサーリンク

私が幼い頃、
曽祖母の家に遊びに行ったときのこと。

托鉢僧が訪れ、
曽祖母がご飯を施し、
両手を合わせ頭を下げ、
とてもありがたそうにお経を聞いておりました。

ひ孫である私も一緒に、
「とてもありがたいことだから」と、
お経をききました。

その時はわからなかったのですが、
大人になり色々な経験をして、
修行とはいえ、
人々の功徳を積むために托鉢をする僧は、
きっと流さない涙もあったのだろうと。

またこの首は「かれをばな(枯れ尾花)」の折句となっています。
それぞれの頭文字をみると、「か れ を ば な」です。

最近は隙間時間を使って、あらためて和歌を勉強中です。
奥が深いと感じる今日この頃です。

うたのわに参加しています。


スポンサーリンク

あなたに寄り添う心の短歌は、日常のふとした瞬間を短歌でつづっています。

人の心、季節の移り変わり、花の色、風の音。それは気にしなければ気にならずに済むくらいの小さな出来事。

その小さな出来事を忘れないように、思い出せるように、短歌を作ります。あなたの心の琴線に触れる歌があれば幸いです。

ブログランキングに参加してます。よろしければクリックお願いいたします。

にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
スポンサーリンク