布団の誘惑

もう少し もう少しだけ このままで いたいと思う 布団の誘惑

もうすこし もうすこしだけ このままで いたいとおもう ふとんのゆうわく

なぜ、あれほどまでに朝の布団というのは出られないのだろう。
もう少しだけ、もう少しだけこのままでいたいと切に望まずにいられない。

朝が来た。
外は雨。少し肌寒い。

こんなとき、布団の心地よさが特に際立つ。
ああ、このままあと5分だけでもぬくぬくとくるまっていたい。

が、行かねばならないという現実。

休みの日こそは思う存分ゴロゴロするぞと思いながら、名残惜しくも布団からでる。
さあ、今日も一日が始まる。


ブログランキングに参加してます。よろしければクリックお願いいたします。

にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ